Q&A

最先端のデザインスキルを学んだりしたり、デ研ならではの特別講義を受けたり、充実した毎日を過ごしています。 そんなデ研生の 1 日に迫ってみました。


皆さんはどのようにしてデ研を知りましたか?

Kさん:私は高校が隣の工芸高校だったのでデ研の存在は知っていました。
Sさん:僕は高校の時の進路担当の先生から教えていただきました。

では、なぜデ研に進学しようと思ったのですか?

Yさん:学費が安く、様々な勉強が出来ると思ったからですね。その中から進路が決められるかなと思って。
Kさん:やはり、実際の企業とプロジェクトで関わることが出来るのが強みだと思ったからです。実践的なプロジェクトが魅力の一つです。

 

授業

デ研に入学して大変だと思ったことは何でしょうか?

Yさん:プロジェクトですね…。グループワークで友人と喧嘩してしまったこともあります。
Mさん:正月明けにポートフォリオの締切があったのでクリスマスと正月は全く休みが無かったことです。あれは地獄でしたね(笑)。

休日はどう過ごしていますか?

Kさん:平日は忙しくなかなか自由な時間が持てないので、休日に出来なかったことを一気にやっています。……つまり寝てます。あとはバイトですかね!
Sさん:よく寝ます。もしくはフリマに行ったり…。

大変忙しそうですが、アルバイトはされていますか?

Yさん:デ研を卒業された方の事務所でアルバイトさせていただいているので、理解があってやりやすいです。
Mさん:週1ペースで入れています。土曜日の午前は授業なので、午後にアルバイトに行っています。

一人暮らしをされている方はいますか?

Sさん:僕はしています。家が近い分学校の閉校時間ギリギリまで作業が出来るため、得をしている気分です(笑)。
Kさん:私は実家でぬくぬくと暮らしていますね(苦笑)。

睡眠時間はどのくらい?

Yさん:1時に寝て6時半に起きるので睡眠時間は4,5時間ですね。
Sさん:2時に寝て8時に起きます。平均6時間ってところですかね。

デ研あるあるをどうぞ!

Yさん:印刷機が一番働いています!あとは一人の口調が皆に移る(笑)。
Mさん:「◯◯時間しか寝てない!」っていう眠いアピールとか。

最後にデ研で1年間過ごした感想をお聞かせください。

Kさん:技術はもちろんですが、人間力を育てられる学校だと思います。あと、確実に度胸は付きます。
Sさん:デ研は立派なクリエイションの場です。1年間を通してデザインの基礎を築けました。
Yさん:最初は忙しすぎて大変でしたが、段々忙しさの中にやりがいを感じてくると楽しいです。今はデ研に入って良かったと思っています。暇を見つけて遊びを企画するのも楽しみの一つです。