テキスタイル

ファッションやファブリックで馴染みのテキスタイルは、あらゆる素材の中で唯一人が長時間触れることのできる素材であり、私達が普段身にまとう衣類やインテリアから航空機の躯体など使用シーンは多岐にわたります。昨今では技術の発展に伴い、高い機能性を持つスマート(賢い)テキスタイルの開発に加え、より快適で美しく人に優しいものづくりが求められています。一方、伝統産業では高い技術・技能の伝承に加え、新しい切り口のマーケット戦略により世界から注目されています。テキスタイルデザイナーは、新技術や伝統産業で培われた技法等を考慮し、広い知識でより良いものづくりを考えていく必要があるのです。 テキスタイル

業種

商社(繊維、アパレル、服飾雑貨、インテリア
専門店(服飾雑貨・繊維製品・スポーツ用品)
服飾雑貨・皮革製品
文具・インテリア
自動車
繊維

職種

  • テキスタイルデザイナー
    布地をデザインする。服地の糸や組織、織柄、風合いなどについて開発するほか、服地のプリント柄デザインや、インテリア・ファブリックなどのデザインも含まれる。
  • マーチャンダイザー
    商品化計画を行う人。市場の流れを読み、商品企画・構成をはじめコストや数量を設定し、素材の手配から販売促進計画まで、売り上げと利益のトータルな責任を持つ。
  • カラーリスト
    色彩コンサルタント。流行色の分析、商品イメージにあったカラー、配色の選択などをおこなう。

就職先

  • 島田商事㈱
  • アッシュ・ペー・フランス㈱