学べること

専門分野と幅広い知識経験

2009年度からのコース撤廃により、学生がいろいろな分野の授業を学べるようになりました。専門分野と幅広い知識・経験を積み重ねることで、本稿の目指す「T型人間」育成へとつながります。

プロジェクトの導入

「産官学連携プロジェクト」を中心にしたカリキュラムで、学生でありながらも、企業の方と交換したり、チームごとにデザイン提供を競い合うなど、実際のデザイナーと同じ体験ができます。これによって実践的なデザインが身につきます。

活躍するデザイナーによる実践教育

第一線で活躍するデザイナーによる実践的教育が充実しています。外部からさまざまな分野のクリエイターを招いた特別講義もおこなっています。

少人数制でのきめ細かな指導

大学などの大教室では味わえない、少人数制ならではの、決め細やかな指導を受けることができます。

高い就職率

就職氷河期にもかかわらず、大手企業をはじめ、多くの企業から学生への高い評価をいただき、次々と内定を勝ち得ています。

最新のデザインツールとネットワーク環境

平面・立体・映像・Webサイトなどあらゆるデザイン制作に対応できるデジタルツールと、高性能大判プリンタをはじめたシステムを完備しています。さらに、自宅からでも作品が提供できるネットワーク環境も整っています。

ネイティブスピーカーによる国際的な対話力

海外のクリエイターによる英語でのデザインワークショップを開講するなど、国際的な語学環境を強化し、また、海外研修旅行(ヨーロッパ)も実施しています。

※2014年度の一例です。

授業