クレイモデル制作実習

デザイン開発において、立体モデルを造形する手段として、応用性に優れたクレイをしようしてモデルを造ります。ステップ1は、基本的な立体造形を手段と工具の使い方を主に実技をします。ステップ2は、造形技術と完成を養うもので、課題となる立体表現を行います。スケッチの表現をうまく立体に表現できるかがポイントです。

講師:
石部和三
時期:
1年後期

作業風景

  • 作業風景
  • 作業風景

完成作品

  • 完成作品
  • 完成作品

授業